糖質制限ダイエットは脂肪と筋肉を減らすダイエットである

Pocket

こんにちわ、糖質大好きしずけんです。

前回の記事で、ダイエットは2種類と説明しましたね。今回は糖質制限ダイエットをもっと詳しく説明したいと思います。

本当に痩せるダイエットは2種類しかない
こんにちわ、ダイエットマンことしずけんです。今日はダイエットについて書いていこうと思います。 日本は、○○ダイエットという言葉が大好きで本当か嘘か、大量の...

始めに言いますが、これは間違いなく痩せます。絶対痩せます。実際やってみたらビックリしますよ。

では、説明していきましょう。

糖質制限とは脂肪燃焼回路の切替えである

本来、人間はご飯やパンなどを食べて、それをエネルギーにします。お母さんから「ご飯食べないと力出ないよ!」とか言われたことないですか?正にその通りなんです。

人間は糖質(炭水化物)を摂取し、それをエネルギーに変えて生きています。ここで、疑問が湧きますよね。

糖質を取らなければエネルギーを使えなくて、倒れてしまうの?

答えはNOです。なぜなら、人間は飢餓状態に陥ると筋肉や脂肪をエネルギーに変える機能を有しています。糖質が無ければ無いでなんとかなるのです!この状態になれば必然的にどんどん痩せていきます。

つまり糖質制限ダイエットとは、脂肪燃焼の回路を切り替えることなんです。ちなみにこの状態をケトーシスと言います。

糖質制限の具体的なやり方は単純に糖質摂取用を極限に減らします。目安でいうと、一日の糖質(炭水化物)の摂取量を30gくらいに抑えます。これを5日〜7日ほど続けると脂肪燃焼回路が切り替わっているはずです。

これであなたはケトーシス状態!続けるとどんどん痩せていきます。

文章にすると簡単に聞こえますがご飯、パン、麺が大好きな人にとっては結構辛いんですよね…。もちろんジュースとかもNGですよ。

糖質制限中は何を食べればいいの?

糖質制限中はとにかく、タンパク質と脂質を摂取してください。絶対気になるであろうカロリーのことは完全に忘れてください。カロリーは気にせずタンパク質と脂質を摂取しましょう。

具体的には肉、魚、野菜が中心になります。チーズなんかもOKです。野菜は物によっては糖質を多く含む物もあるので注意が必要です。参考まで糖質量の目安ですが

  • ご飯一膳:約55g
  • ラーメン:64g
  • 食パン4分の1:40g
  • パスタ:69g

少なくともこれらを食べたら一発アウトです。他にも、調味料にも少なからず糖質は含まれてますし、野菜にも大なり小なり含まれています。しっかり考えて調理しましょう。

とにかく何食べても良いので、1日の糖質摂取量30gを守ればOKですよ。

糖質制限の注意点

糖質制限では、脂肪と筋肉を消費してエネルギーにします。…ん?筋肉??

そうです、単純に脂肪だけを使うわけではないのです。筋肉なんていらねーよっていう方は全然問題ないのですが、マッチョになりたい方は注意してください。

理想的なのは、しっかり筋トレをしながら糖質制限を行うのが良いです。でもダイエットのハードルは高くなりますよね(笑)痩せることを目的としてるのなら糖質制限だけで良いと思います。結果が出てから、身体を作っていけば良いと思いますよ。

ちなみに、せっかくケトーシス状態になったにも関わらず、糖質を多く取ってしまうと通常の回路に直ぐ戻ります。またケトーシス状態に戻すのも数日かかってしまいます。

一度やると決めたら中途半端にならないよう、熱意を持って取り組んでください。1ヶ月続けたら楽しくなりますよ!

糖質制限は昔からあるダイエット方法の一つ

糖質制限はライザップが先駆けとなり最近流行りだしたように思うかもしれません。実はこれ昔からあるんです。

ボディビル界では昔から減量方法の一つとして当たり前に行っていますし、病院では糖尿病の治療にも使っています。決して怪しいダイエット方法ではなく、王道のダイエット方法なんですよ。なので、不安に思う方も是非やってみてくださいね。

以上、糖質大好きしずけんでした。それでは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする