注意するべき熱中症の症状と対策について

Pocket

こんにちわ、しずけんです。

連日、異常な暑さが続いていて熱中症についてのニュースを目にする機会が多いかと思います。

熱中症について何となくはわかるけども、実際どういう症状が出るのか。何が危険なのか。詳しくは知らない方がほとんどかと思います。

自分では気が付かず、実は熱中症だったなんてこともあるかもしれませんね。

そこで今日は熱中症について簡単にまとめてみましたので是非参考にしてみてください。

熱中症の種類と症状

一言に熱中症と言っても、実は大きく三種類に分かれます。

Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度というように三種類に大別され、熱中症と言われるほとんどの人はこのうちⅠ度熱中症に分別されます。重症であり、死亡例としてあげられるのはⅢ度熱中症になっている方が多くなっています。

種類によって症状が変わり、軽症なものでは頭痛や痙攣、気分が悪いなど。重症になると意識が悪くなったり、臓器の障害が見られるなどの症状があります。

Ⅰ度熱中症(熱痙攣、熱失神)

Ⅰ度熱中症は熱痙攣や熱失神と呼ばれることもあり、症状としては発汗、気分が悪くなったり、手足のしびれや痙攣、筋肉痛などが見られることがあります。また、一時的な意識消失(失神)も見られることがあります。

いずれにしても、まだ緊急性を要する症状ではありません。直ぐに水分と塩分の摂取を行い、涼しい場所で休むようにしましょう。

また、首や脇、内ももなどに冷たい物を当てがって身体を冷やすことも効果的です。

Ⅱ度熱中症(熱疲労)

Ⅱ度熱中症は注意しなければならない状態です。

「熱疲労」とも呼ばれること状態は発汗による脱水と身体の熱さに対して、熱を逃がす機能が追い付いていない状態です。

症状としては、大量の発汗、頭痛、めまい、嘔吐。また、症状が酷くなると血圧低下、脈や呼吸が早くなるなどの症状が出ます。

この状態になるとさすがに自分でも熱中症だと分かるレベルです。これ以上悪化しないように内科や救急病院などを受診し、点滴処置をしてもらいましょう。

まだ、初期の症状であれば身体を冷やしたり、水分や塩分を摂取することで改善しますが、対応が遅くなると自身で動けなくなることも考えられますので注意してください。

Ⅲ度熱中症(熱射病)

Ⅲ度熱中症は熱中症の末期症状でもあり、非常に危険な状態です。対応が遅れれば死に至る場合もありますので注意しましょう。

症状としては、発汗の停止、皮膚が赤くなったり乾燥する、体温が40℃近くに上昇する、意識障害などが見られます。

この状態を放置すれば、身体の臓器が壊れるなど極めて危険な状態になってしまいます。

ここまでいくと、自分自身ではどうすることもできません。直ちに救急車を呼び、高度な処置ができる救急病院に行くことが必要です。

熱中症対策に共通して言えること

熱中症は、水分や塩分を摂取することも大切ですが、環境要因を排除することが一番大事です。

どんなに気をつけていても、暑さを改善できなければどうにもなりません。

特に睡眠中は気が付かず、熱中症を悪化させてしまう可能性もあります。

一番良いのはクーラーをつけること。

また、扇風機や風通しを良くすることも大事です。

屋外での労働や運動では、過剰なくらいこまめに休憩や水分を取ったり、日陰で休むようにしましょう。気が付けばあっという間にⅡ度熱中症になっていることもあります。

自分が思っている以上に熱中症の症状は進行している場合があります。自分だけでなく、周囲の人も気遣い、未然に防げるように心がけましょう。

以上、しずけんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする