車を購入するとき「燃費のお得感」に騙されてませんか?

Pocket

こんにちは、ガソリン垂れ流しのしずけんです。

今日は自動車のコストに関するお話をしていきますよ。

自動車を購入しようとすると決まって、燃費が気になりますよね?

日本はガソリンが高いですから気になるのは当然です。自動車メーカーも燃費の良い車をここぞとばかりに並べてきますよね。

そして、みなさん「燃費がー燃費がー」と声を上げるのです。

この車は燃費が悪いから、ハイブリッド車じゃなきゃダメだねー!なんて言って、購入を諦めた車もあるのではないでしょうか。

燃費について、本当にしっかり計算したことありますか?

燃費が良いことは本当に家計的なんでしょうか。

それでは説明していきましょう!

ハイブリッド車の燃費について

燃費が良い=ハイブリッド車と言っても過言ではありませんね。

現在販売されている車種の燃費ランキングは


  1. トヨタ ヴィッツ(ハイブリッド)34.4km/ℓ
  2. トヨタ カローラアクシオ(ハイブリッド)33.0km/ℓ
  3. トヨタ プリウス(ハイブリッド)34.0~40.8km/ℓ (実燃費が低いらしい)

はい、見事に全部ハイブリッドでした!(ちなみに私の自家用車は3㎞/ℓ)

これくらいのレベルになると、少なくとも普通のガソリン車の2~3倍は走りますよね。つまりガソリン代が2~3倍安いんです。これは確かにお得感がありますね。

単純にガソリン車で毎月10000円払っていたものが3000円から5000円になる訳ですから。1年間に60000円~84000円ほどお得ですね。あらっ、すごい家計的!!

と思ったあなたはトータルコストで考えたことはありますか?

燃費と車両本体価格から見るコスト

ハイブリッド車は車両本体価格が通常ガソリン車に比べて高いです。例えば、人気車種トヨタのアルファードの同じ型で比較してみましょう。


  • トヨタ アルファードハイブリッドG
  • 車両本体価格:497万円
  • 燃費18.4km/ℓ
  • トヨタ アルファードG(ガソリン車)
  • 車両本体価格:418万円
  • 燃費12.8km/ℓ

車両本体価格で80万円ほどハイブリッドは高いことがわかりますね。燃費の差は6km/ℓです。

1年間に1万km運転すると仮定し、ガソリン代は1ℓ/120円とします。それぞれの価格を比較しますと


  • アルファードハイブリッド
  • 10000÷18.4=543ℓなので1年間のガソリン代が543ℓ×120円=65160円
  • 車両本体価格497万円+65160円=5035160円
  • アルファード(ガソリン)
  • 10000÷12.8=781ℓなので1年間のガソリン代が781ℓ×120円=93720円
  • 車両本体価格418万円+93720円=4273720円

ハイブリッド503万円、ガソリン427万円です。1年間で見たら圧倒的にガソリン車の方が安いんです!!

なぜなら燃費の差は1年間に3万円ほどしか変わらないので、車両本体価格80万円分の差を取り戻すには27年乗らなきゃ元が取れません。

27年間、同じアルファード乗りますか?笑

結局は車にどのくらい乗るのかということ

今回はアルファードを例にあげましたが、他の車種でも似たようなものです。

もちろん、1年間に2万km走るっていう方は14年で元が取れますし、使い方次第っていうところはあります。逆に言うと、1年間で5000kmしか乗らない人は勿体ないですよね。

飽き性なら5年も乗らずに買い替えたくなる人もいるかと思います。

ただ、ハイブリッドは人気なので店頭買取価格が高い傾向にあり、売るときのことも考えればトータルの計算は変わってきます。

もちろん、長い目で見れば燃費が良い=お得なのは間違いありません。

なのでハイブリッド車を買うときには自分がどれくらい使用する予定なのかも考えて、トータルいくらお得なのかを考えた方が良いかと思います。

燃費!燃費!という言葉に流されてはいけませんよ。

以上、しずけんでした。では

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする