元本保証は嘘?なぜ日本人は定期預金を選ぶのか。

Pocket

こんにちわ、お金大好きしずけんです。

今日は投資についてのお話です。

みなさん、投資は怖い!危ない!ダメ!ってお母さんに言われませんでした?(私は妻に言われています)

でも、銀行に貯金しますよね?何百万も何千万も平気で貯めますよね?

「銀行の定期預金なら金利は安いけど元本保証してくれるし、安全だよねー」なんて思ってませんか?

それ間違いなんです。

定期預金は元本保証ではありません!!

これはどんな有名銀行だろうとも一緒です。元本保証なんてものは嘘です。

ではその理由を説明しましょう。

通貨の価値は常に変化する

お金の価値って常に変化していくんですよ。物価って毎年変わりますよね?30年前と今では1万円の価値は全然違います。

身近な物だと、タバコ、ガソリン、マックのハンバーガー、自動販売機のジュースなど、日常のほとんどが値上がりしてますね。

今、定期預金で100万円を30年間預金しても、30年後の100万円では今と同じだけの商品は買えない可能性が高いのです。

物価は上がることはあっても下がることはほとんどないので、将来的には間違いなく今のお金の価値は下がると思いますよ。

つまり元本保証なんて物は将来どうなるかわからない約束であって、100万円が数年後には50万円くらいの価値になるかもしれませんというものです。

本当に儲かる元本保証の投資とは

実際はそんなものありません!リスクを負わずにリターンを得ることはできません。

安全で少ないリターンを得るもので、最も大きいのが日本国債でしょうか。それでも年利0.05%くらいしかないので銀行と変わりません(笑)

あとは、不動産、金とかであれば時代に合わせて価値が追いついてくる可能性はありますね。

そういう資産として価値のある物を複数持つことも投資としてアリなのではないでしょうか。

お金=札束として考えず、物として持つっていう考えも必要だと思いますよ。

貯金も投資も何も変わらない

結局何が言いたいかと言うと、銀行に貯金しようと、投資して資産運用しようとも減るときは減るし、増えるときは増えるんです。

ということで、日本人よ!投資を怖れることはない!!

日本人は投資に癇癪起こし過ぎです。貯金だって銀行に投資してるんですよ。お金の預けどころのイメージが違うだけで同じことなんです。

余剰金をたんまり銀行に預けておく必要はなく、ある程度は投資に回した方が得する可能性があるじゃないですか。

・・・とは言っても貯金は大事ですよ。いざと言うときにまとまったお金は必要ですから、ある程度は貯金しましょうね(笑)

以上、しずけんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする